PG★チャンネル Blog

※このブログは「PG★チャンネル」のコンテンツの一部です。HOMEに行かれる場合は上のバナーまたはhttp://pg-channel.moo.jpからドウゾ。
<< ふおぉぉぉぉ…! | main | 忘年会でした(昨日が) >>
ピカソとクレーの生きた時代展

土曜の話なんですが…ピカソとクレーの生きた時代展行って来ました。
そういえば博物館・美術館感想カテゴリを全然更新してなかったので、ちょっと久々に…
(美術館、行って無かったわけじゃないんです;;北斎、杉本健吉、モネ、モディリアーニ展も行ったYO)
名古屋市美術館での展覧会だったんですけど、……はじめ、間違えて愛知県美術館の方に行っちゃいました。(あほや)

この展覧会、ピカソの絵がでーん!とチケットに印刷されているので、ピカソ展って印象が大きいですが、私的にはクレーさんの絵の方が好きでした。
他にも、マティス、シャガール、マグリットなどなど有名な画家の絵も数点あって、どれもあまり見たことが無い作品だったので、行った価値があったと思います。

フォービズム、キュビズムなどの作品が中心で、何ていうんだろう…感性重視というか、感覚重視というか不思議な絵だらけだったんですけど、クレーの絵は一見「ハテナ?」な絵でもちゃんとポエムちっくなタイトルが一つ一つ付いてるので、タイトルを見ると「なるほどなー」に変りました。

特に私がお気に入りだったのは「直角になろうとする、茶色の△」って絵です。
色々な色の長方形の羅列の中に茶色い三角形が一個だけある絵なんですけど、タイトルを見てなるほど〜と思わず唸りました。
絵のタイトルって大事ですね。絵の解説によると、クレーも絵のタイトルの重要性をちゃんと解っててつけている(?)っぽいです。

展覧会の終わり付近のゾーンは、シュルレアリズム?ゾーンで、見たことの無いマグリットの絵が3点ほどありました。
私は抽象画は見るのも描くのも何となく苦手なんですど、シュルレアリズムの現実と現実の組み合わせた超現実世界っぽい感じのは結構好きかもです。
マグリット展ないかしらー
| 博物館・美術館感想 | 21:13 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.pg-channel.moo.jp/trackback/811453
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE